カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

XOOPS Cubeの小技

Modified: 5 May 2008
Created: 2 May 2008


SSL対応にする方法 (5 May 2008)
データベースサーバを変更する方法 (5 May 2008)
「memory_limit が少ない」が出る (3
May 2008
画面に"?????????"が出る (
2 May 2008


SSL対応にする方法 

変更は、"mainfile.php" の変更だけで対応できます。以下のところを変更すればOKです。

     :

// XOOPS Virtual Path (URL)
// Virtual path to your main XOOPS directory WITHOUT trailing slash
// Example: define('XOOPS_URL', 'http://xoopscube.good-stream.com');
define('XOOPS_URL', 'https://xoopscube.good-stream.com');

     :

もちろん、事前に新しいサーバーでSSLが使えるように設定しておく必要があります。
簡単には、以下のようにします。

"/etc/httpd/conf.d/ssl.conf"に以下の設定をします。

     :

<VirtualHost _default_:443>

DocumentRoot "/var/www/xoopscube/html"
ServerName xoopscube.good-stream.com:443

     :

データベースサーバを変更する方法 

 最初は評価のためXOOPS Cubeをインストールしたサーバー自身のデータベースに保管していましたが、データを増やしていったり、いろんなプラグインをインストールしたりして、おかしくなってしまったとき、データベースの移設なども面倒ですので、実際に長期に使うときは、データベースは別のサーバーにしたほうが、なにかと便利です。

そこで、変更しみました。

変更は、"mainfile.php" の変更だけで対応できます。以下のところを変更すればOKです。

     :

// Database
// Choose the database to be used
define('XOOPS_DB_TYPE', 'mysql');

// Table Prefix
// This prefix will be added to all new tables created to avoid name conflict in the database. If you are unsure, just use the default 'xoops'.
define('XOOPS_DB_PREFIX', 'eddd3');

// SALT
// This plays a supplementary role to generate secret code and token.
define('XOOPS_SALT', '96234a29');

// Database Hostname
// Hostname of the database server. If you are unsure, 'localhost' works in most cases.
define('XOOPS_DB_HOST', 'db.co-recipe.com');

// Database Username
// Your database user account on the host
define('XOOPS_DB_USER', 'xoopscube');

// Database Password
// Password for your database user account
define('XOOPS_DB_PASS', 'xoopscube');

// Database Name
// The name of database on the host. The installer will attempt to create the database if not exist
define('XOOPS_DB_NAME', 'xoopscube_corecipe');

// Use persistent connection? (Yes=1 No=0)
// Default is 'No'. Choose 'No' if you are unsure.
define('XOOPS_DB_PCONNECT', 1);

     :
 

もちろん、事前に新しいサーバーにデータベースを作る必要があります。
簡単には、以下のようにします。

# mysqldump -uxoopscube -pxoopscube xoopscube > xoopscube.dump

旧サーバーで上記コマンドを実行してデータを取り出し、以下のコマンドで取り込みます。

# mysqladmin create database xoopscube
# mysql -uxoopscube -pxoopscube xoopscube < xoopscube.dump

「memory_limit が少ない」が出る 

"/etc/php.ini" を以下のように変更します。

CentOSの場合、8M になっています。

     :

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Resource Limits ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

max_execution_time = 30 ; Maximum execution time of each script, in seconds
max_input_time = 60 ; Maximum amount of time each script may spend parsing request data
memory_limit = 64M ; Maximum amount of memory a script may consume (8MB)

     :

画面に"?????????"が出る 

データベースの文字セットをUTF-8に設定が必要です。

"/etc/my.cnf"を以下のように設定し 、データベースを削除して作り直します。

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
# Default to using old password format for compatibility with mysql 3.x
# clients (those using the mysqlclient10 compatibility package).
old_passwords=1
default-character-set=utf8

[mysql.server]
user=mysql
basedir=/var/lib
default-character-set=utf8

[mysqld_safe]
err-log=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
default-character-set=utf8

[client]
default-character-set=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8

[mysqldump]
default-character-set=utf8

To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加