カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

XOOPS Cube Legacy 2.1.4 をCentOS4にインストールする

Created: 3 May 2008


XOOPS Cubeのインストールの準備 (3 May 2008
XOOPS Cubeのインストール (
3 May 2008


 XOOPS Cubeのインストールの準備 

XOOPS Cubeをダウンロードする

以下の公式サイトからダウンロードできます。

http://jp.xoops.org/

2008年5月3日時点で、「最新安定バージョン XOOPS Cube Legacy 2.1.4 (2008年 3月23日)」がダウンロードできました。

以下で解凍しました。

# cd /var/www
# unzip Package_Legacy_2_1_4.zip
# ln -s Package_Legacy xoopscube
 


PHPをインストールする

# yum install php php-mbstring php-mysql php-pear php-domxml

"/etc/php.ini"を以下のように設定します。

     :

default_charset = "EUC-JP"

     :

[Session]
session.save_handler = files
session.save_path = /tmp
session.use_cookies = 1

     :

[mbstring]
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = EUC-JP
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none;
mbstring.func_overload = 0
     :

     :
 


HTTPDを設定する

"/etc/httpd/conf/httpd.conf"を以下のように変更します。

     :

DirectoryIndex index.php index.html

     :

NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin admin@good-stream.com
    DocumentRoot /var/www/xoopscube/html
    ServerName xoopscube.good-stream.com
    ErrorLog logs/error_log
    CustomLog logs/xoopscube.good-stream.com-access_log common
</VirtualHost>

再起動します。

# chkconfig httpd on
# service httpd restart


MySQLをインストールする

インストールします。

# yum install mysql mysql-server

"/etc/my.cnf"を設定します。

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
# Default to using old password format for compatibility with mysql 3.x
# clients (those using the mysqlclient10 compatibility package).
old_passwords=1
default-character-set=utf8

[mysql.server]
user=mysql
basedir=/var/lib
default-character-set=utf8

[mysqld_safe]
err-log=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
default-character-set=utf8

[client]
default-character-set=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8

[mysqldump]
default-character-set=utf8

MySQLを起動します。

# chkconfig mysqld on
# service mysqld start

データベースを作成します。

以下の例では、データベース名、データベースユーザ、パスワードの3つとも、"xoopscube"の例です。

# mysql -p
Enter password: ********
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2 to server version: 4.1.20

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> create database xoopscube;
Query OK, 1 row affected (0.11 sec)

mysql> grant all on xoopscube.* to xoopscube@localhost identified by 'xoopscube';
Query OK, 0 rows affected (0.11 sec)

mysql> quit
Bye
#

 XOOPS Cubeのインストール 

インストール開始

準備がきちんとできておれば、インストールは簡単です。

アクセス権の設定

インストール途中で警告されますので、警告されてからでもかまいませんが、以下の設定をしておきます。

# cd /var/www/xoopscube/html
# chmod 777 uploads/
# chmod 777 cache/
# chmod 777 templates_c/
# chmod 666 mainfile.php

HTTPDで設定したドメイン、"http://xoopscube.good-stream.com"で、以下のインストーラが起動します。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

ここで、データベースユーザ名(xoopscube)、パスワード(xoopscube)、データベース名(xoopscube)を入れます。

「次へ」をクリックします。


「次へ」をクリックします。
 

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

管理画面にログインするときのID、PWを設定します。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

以下の画面が出れば成功です。


インストール後の設定

管理者のID.PW(インストール時に自分設定したもの)で、ログインします。

以下の画面が出るので、「インストール」ボタンをクリックします。

以下の警告が出ますので、メッセージのとおり、以下のようにして、再表示します。

# rm -rf /var/www/xoopscube/html/install

以下の管理画面が出れば、完了です。


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加