カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

UT-VPN(1.01)サーバーのインストール

Created: 24 July 2010

とってもわかりにくいサーバーの設定ですが、要は、クライアントから接続認証するためのユーザIDとパスワードを登録するだけです。 


 UT-VPN(1.01)サーバーのインストール 

ダウンロード

以下のページからたどってダウンロードします。

http://utvpn.tsukuba.ac.jp/ja/download/download.aspx

2010年7月24日時点では、以下の手順でたどります。

v1.01-7101-public-2010.06.27
    Binary (Win32)
        Japanese
            UT-VPN Server
                32bit - Intel x86

そして、以下をダウンロードしました。

"utvpnserver-v1.01-7101-public-2010.06.27-ja-win32_msi-x86-32bit.msi"


インストール

ダウンロードしたファイルをサーバーソフトを、外から接続させるPCやサーバーで実行します。

特に悩むところはありません。次へ次へと進めばOKです。

途中、以下は契約書ですから、同意が必要です。

違いはよくわかりませんが、フツーは「標準」でいいでしょう。たぶん。


設定

インストールしたソフトを起動します。

実用にはもっとセキュリティを勉強してしっかり設定が必要ですが、まあとりあえず使ってみるための必要最小限の説明だけします。

起動すると以下の画面が出ますので、右のほうの「接続」ボタンをクリックします。

ここで、賢明な方は、「え!?パスワード?、そんなのは知らない。マニュアルを読まないといけないのか。。。。」で、「接続の中断」を押すと思いますが、謙虚になると設定できません。

最近のゲーム世代は、「とにかく押してみる」 が鉄則で、このUT-VPNもそんな文化のソフトなのです。

そうです、パスワードを設定していなくても、マニュアルで確認しなくていいんです。

強引に、「OK」とクリックするのです。

すると、おじさんにも納得するメッセージが出てきます。

おじさんはブツブツいいながらでもパスワードを設定します。

まあなんと、注意メッセージが多いソフトなんでしょ。

多い割には、ここが大切!、という本当に大事なとこるではメッセージがなかったりして、結構不親切なんですよね。

ままこれも最近の若者の傾向か!と一人つぶやく。おっと、このようなソフトを作ってくれた若者には感謝してまーーす。

独り言はこれくらいにして、とにかく「OK」。

またとにかく「OK」。

おお!、長い道のりでしたが、やっと出てきました。

What a too much!!。と驚かないでも大丈夫です。

ユーザを1つ登録すればいいんです。

「ユーザ管理」をクリックします。

左下の「新規作成」をクリックします。

以下もボタンがいっぱいで、目がくらくらしますが、

左上の「ユーザ名」と、右の上から2段目の「パスワード」を入れればOKです。

それ以外のところを見ると、つい入力したり触ってみたくなりますので、さっさと「OK」で閉じましょう。

あとは、開いているウインドウを全部閉じていきましょう。

長い道のりでしたが、結局、ユーザIDとパスワードを入力しただけです。ま、これでとりあえずはOKです。 


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加