カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

VMwareの話題と実験

Modified:  7 February 2010,
29 December 2009, 14 February 2009,
12 January 2009, 12 January 2009,
 10 November 2008,
14 October 2007, 9 June 2007, 22 April 2007,
  
1 May 2006, 2 December 2005, 21 May 2004, 16 August 2003
Created: 2 August 2002

最近、VMwareServer2 が出ましたので、その情報も追加していきます。

VMwareとは、PC上に仮想PCを動かすことのできるソフトです。仮想とはいえPCですから、実際に動作しているPCとは別のPCのように使えます。

そしてそれらの3台のPC(実PCが1台、仮想PCが2台)をネットワークで接続してファイルを共有したりすることができます。

仮想PCには、Windows98でもWindows2000でもLinuxでも、混在状態でいくつでもインストールできます。


参考(1): ネットワーク構成の説明
http://www37.tok2.com/home/nobusan/multi_boot/vmware/vmware.html

参考(2): VMwareの説明
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/5924/vmware/network/index.html

参考(3): 「UML(User Mode Linux)の実験と話題

参考(4): 「SoftEtherとVMwareの小技

その他のPCエミュレータ


 VMware Converterの実験

VMware Converterの実験 ( 7 February 2010

 VMware Server2の実験

VMwareServer2の小技 (10 November 2008)
VMwareServer1から2への アップグレード (22 December 2009)
VMwareServer2のインストール - Windows (10 November 2008)
VMwareServer2のインストール - Linux (10 November 2008)

 VMware Server1の実験
 VMware Serverとは、以前、GSXサーバーとして販売されていたVMwareですが、2006年2月からオープンソースとして公開されました。

VMwareServerの小技 (12 January 2009
VMwareServer(Linux版)をインストールする方法 - Beta版 (Last modified: 1 May 2006)

 ESX Serverの実験

VMware ESXi の小技 (29 December 2009)
VMware ESX Serverの小技2 December 2005, 8 May 2004)
VMware ESX Server2.0のインストール (21 May 2005)

 VMware4.xの実験

VMwareの小技 (3 November 2005, 1 March 2004

 VMware3.xの実験 (Last modified: 2 August 2002

Windows2000で使ってみた感想 (24 Mar 2001)
仮想ディスクの機能 (8 Apr 2001)
仮想ネットワークの機能と構成 (8 Apr 2001) 
Windows2000に、Windows98をインストールする (24 Mar 2001)


 Windows2000に、Windows98をインストールする

ダウンロードする

以下のページからダウンロードできます。

http://www.vmware.com/download/download.html

2001年3月24日時点では、以下のような記述がありました。

Desktop Products

VMware Workstation 2.03 (for Linux)

VMware Workstation 2.03 (for Windows NT/2000)

VMware Express 2.03 (for Linux)

 

Buy | Try | Download

Buy | Try | Download

Buy | Download

Windows2000の上に仮想PCを作る場合、「VMware Workstation 2.03 (for Windows NT/2000)」をダウンロードします。「Download」のリンクを押せばダウンロードできます。

ダウンロードが終了したら、「Try」を押して、メールアドレスを入力すると、試用期間30日となる試用ライセンスが、すぐに、送られてきます。

購入するには、「Buy」ボタンを押して購入します。


ライセンスの登録

試用ライセンスは、「VMware_License.reg」のファイル名のファイルが添付されて送ってきます。レジストリふぁいるですから、そのままダブルクリックすればレジストリに登録され、使えるようになります。


以下に日本語の解説があります。
http://www.src.co.jp/vmware.html


VMwareを起動し、仮想PCを作成する

VMwareを起動すると以下のダイアログがでてきます。

まずは、「Configuration Wizard」で、仮想PCを作成しますので、「Configuration Wizard」にチェックを入れて「OK」ボタンを押します。

まず、インストールするOSを選択します。

 WindowsMeの場合、「Windows98」を選択すればOKです。

仮想PCの情報を保存するフォルダを指定します。このフォルダに、仮想PCのすべての情報が保存されます。HDDの領域もここに作成されます。

以下、HDDの領域やサイズ、CDを持つか、FDを持つか、ネットワークカードを持つかなどを聞いてきますが、全部必要と言うことで、「次へ」、「次へ」を押していけばOKです。

最後に、以下の画面で「完了」ボタンを押します。


仮想PCの電源を入れてみる

仮想PCが作成されたら、以下の画面が出ますので、「Power On」ボタンを押します。まさに、PCの電源を入れると言う意味です。

本当のPCと同じようにBIOSの起動から始まります。

この時点放っておくと、「Operating System not found」が出ます。これは、この仮想PCにOSをインストールしていないからです。


Windows98をインストールする

仮想PCにWindows98をインストールします。

インストールでは、通常のインストールと同様に、セットアップFDを入れて、「Power On」ボタンを押します。以降も実PCでのインストールと全く同じです。

キー入力ができないときは、仮想PCの上でマウスクリックするとできるようになります。これは、クリックによって、キーボードとマウスが仮想PCに接続されます。他のPCに切り替える場合は、<Ctrl>+<Alt>+<Esc>を押します。

EMM386でエラーが出ます。

Windows98のインストールが終了し、再起動後、「EMM386が見つからない」というエラーがでます。「Config.sys」の2行目をコメントにして回避します。


LinuxをインストールしてX-Windowを動作させる方法

Linuxのインストールの注意点だけ説明します。インストール時には、X の設定をスキップし、SVGAのドライバをインストールした後で、X の設定を行います。

まず、X の設定をスキップするために、以下の「Install Options」では、「Custum」を選択します。

そして、「X Configuration」では、画面下のように、「Skip X Configuration」を行います。つまり、Xの設定は実PCのデスプレイアダプタにあわせるのではなくて、仮想PCの仮想SVGAアダプタに対して行う必要があるからです。

終了後、再起動して、Linuxを立ち上げます。

Linux版の「VMware Tools」をダウンロードし、FDにコピーします。

# mount -t vfat /dev/fd0 /mnt/floppy
# cp /mnt/floppy/vmware-tools282.tar.gz /tmp
# umount /dev/fd0
#

インストーラを実行します。

# cd /tmp
# tar zxvf vmware-tools282.tar.gz
# cd vmware-linux-tools
# ./install.pl redhat

OK? [yes] yes  <----途中の質問には、yes と答える

#

 


SVGAドライバをインストールする方法

「VMware Tools」をダウンロードすると、その中に、SVGAのドライバが入っています。

仮想PCにWindowsをインストールした後、そのWindowsに「VMware Tools」をインストールします。

Windows98の場合、「コントロールパネル」の「ハードウエアの追加と削除」を実行し、Windowsフォルダの「temp」フォルダ、たとえば、「C:\Windows\temp」のフォルダを選択してインストールします。

※ WindowsMeの場合、このドライバは使えません。WindowsMeでSVGAを使う場合は、「WindowsMeのインストール方法」を参照してください。

Windows2000の場合、「コントロールパネル」の「ハードウエアの追加と削除」の一覧表に、「VMware.Inc.」でドライバが登録されていますので、それを指定してインストールします。


WindowsMeのインストール方法

WindowsMeのSVGAドライバはまだリリースされていませんので、WindowsMeをインストールしたらVGA(640x480)しか使えません。

しかし、先にWindows98をインストールし、Windows98用のSVGAドライバをインストールが完了した後、WindowsMeをアップグレードとしてインストールすると、WinodwsMeでもSVGAが使えます。


新しい仮想PCを簡単に作成する方法

ホストPCに、Winodws98を2,3本インストールする場合、毎回インストールする必要はありません。

たとえば、Windows98を、一度インストールすると、その仮想PCのすべての情報は、「C:\Program Files\VMware\VMs」のフォルダに、「Win98」の名称のフォルダが作成され、その中に入ります。

新しい仮想PCを作るには、まず、これらのファイルを、「C:\Program Files\VMware\VMs」のフォルダに、フォルダごとコピーします。そして、フォルダの名称を、たとえば、「Win98_2」に変更します。

次に、コピーしたほうの「Win98.vmx」を起動し、「Setting...」の「Configuration Editor...」から、「IDE Drives」を選択して、「Win98.dsk」をパスを新しいフォルダのパスに変更します。


Windows98の2回目の起動時にエラーが出て立ち上がらなくなる

Windows98のインストールでは、インストールが完了するまで、2回再起動が行われます。ところが、2回目の再起動時に、EMM386のエラーが出て、画面が真っ黒になったまま停止します。

Cドライブのルートにある「Config.sys」を以下のように、rem を付加してコメントにすると起動できるようになります。

              :
rem device=C:\WINDOWS\EMM386.EXE RAM
              :

変更するには、一旦、仮想PCからFDにコピーして、ホストPCで変更し、FDから上書きで書き戻します。ホストPCでFDを使うには、仮想PCの「Devides」メニューから、FDを「Disconnect」すれば、ホストPCでFDが読めるようになります。再び、仮想PCで有効にするには、「Connect」すればOKです。


ハードディスクイメージの廃棄

VMwareは、開発ソフトウエアのテスト環境として使うことができる。

その機能として、仮想ハードディスクは、起動後に書き換えた内容を廃棄し、元の状態で起動させることができます。つまり、テスト動作をした結果、ハードディスクのファイルを上書きしたり、レジストリが破壊されても、リセット操作により、元の状態から起動できます。

その機能を実現するために、仮想ディスクに「モード」を定義できます。

このモードに設定すると、起動して書き換えても元のディスクイメージにはまったく影響しませんので、途中で中断しようと、むちゃくちゃに書き換えようと、リセットすると元のイメージで起動できます。

このモードに設定すると、起動して書き換えた内容を、実際に更新するかどうかを、PowerONやPowerOFFの時に選択できます。

このモードに設定すると、通常のハードディスクと同様、書き換えたら無条件に書き換わり、次回起動も新しい内容で起動します。

仮想ディスクの「モード」は、「Setting...」の「Configuration Editor...」から、「IDE Drives」を選択して、以下のように設定します。以下は、「Undoable」に設定する例です。チェックをいれて「Save」ボタンを押します。


ネットワークの構成

仮想PCは、4つの仮想ネットワークアダプタを定義できます。接続するネットワークは、3つの形態から選択できます。

PCを2台、HUBで接続したように、ホストPCと同じ実ネットワークに接続されて動作します。したがって、仮想PCにも独立した実ネットワークのIPアドレスが必要です。
ホストPC内に、仮想ネットワークは作られません。

ホストPCと複数の仮想PC間で独立した仮想ネットワークを構成します。実ネットワークとは通信できません。ただし、ホストPCをルータとして機能させれば、ルータを経由して接続できます。

4つのアダプタからホスト内に3つの仮想ネットワークと1つの実ネットワークを構成できます。そして仮想PCにルータ機能を持たせれば、巨大な仮想ネットワークを構成できます。



To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加