カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

net-snmpとmrtgでサーバーを監視する
(RedhatLinux7.3)

Modified: 27 July 2002


ucd-snmpの設定

ucd-snmpのダウンロードからインストール24 July 2002
ucd-snmpの基本的な設定24 July 2002

mrtgの設定

mrtgの基本的な設定24 July 2002


 ucd-snmpのダウンロードからインストール

RedHatLinux7.3では、ucd-snmpもmrtgも、インストールされていますので、設定の変更だけで動作します。


ダウンロードする

以下が、Net-SNMP の本家のページです。

net-snmpも、ucd-snmpも同じものです。ucd-snmpの新しいバージョンが、net-snmpのようです。

http://net-snmp.sourceforge.net/


Makeからインストール

以下、確認していませんが、以下の手順でOKのようです。

$ ./configure
$ make
$ su
password: *******
# make install

 ucd-snmpの基本的な設定 

ucd-snmpを起動する

Webminの「システム」、「起動とシャットダウン」から以下のように、snmpdを起動させます。


基本的("snmp.conf")設定をする

設定は、"/etc/snmp/snmp.conf"で行います。

存在しているファイルをリネームして、動作確認のため、新規に作成します。

# cd /etc/snmp
# mv snmp.conf snmp.conf.org

動作確認のため、サーバーの負荷状況と、ディスク容量の監視をさせてみます。

以下のように、"/etc/snmp/snmp.conf"を新規に作成します。

load 2
disk /


サーバーの負荷状況

"load 2"は、以下のような"w"コマンドで得られる、"load average"の情報を元にしています。

$ w
8:34pm up 4 days, 5:13, 1 user, load average: 0.00, 0.01, 0.00
USER TTY FROM LOGIN@ IDLE JCPU PCPU WHAT
tomo pts/0 nw226.tomo.lint. 8:31pm 0.00s 0.21s 0.02s w
$

"load 2"の値は、上記の"load average"は、"0.00"ですが、"2.00"を超えると警告するという設定です。


ディスク空き容量の状況

"disk /"は、以下のような"df"コマンドで得られる情報を元にしています。

$ df -k
Filesystem 1k-blocks    Used   Available  Use%  Mounted on
/dev/sda1    9795908 1033212     8265088   12%  /
none           63316       0       63316    0%  /dev/shm
$


設定を有効にする

"ps ax"コマンドで、"snmp"のプロセス番号を確認し、"kill -HUP nnn"で、"snmp.conf"をリロードさせます。

$ ps ax
    :
6920 ? S 0:00 /usr/sbin/snmpd -s -l /dev/null -P /var/run/snmpd -a
    :
$ kill -HUP 6920
$


動作確認する

ホスト名("h73-94-web")を指定し、"public"に続いて、CPUの負荷状況を記録している、"laTable"を指定します。

以下のように、記録されていることが確認できます。(ずらずら出てくればとりあえずOKです)

# snmpwalk rh73-94-web public laTable
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laIndex.1 = 1
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laIndex.2 = 2
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laIndex.3 = 3
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laNames.1 = Load-1
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laNames.2 = Load-5
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laNames.3 = Load-15
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoad.1 = 0.12
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoad.2 = 0.03
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoad.3 = 0.01
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laConfig.1 = 2.00
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laConfig.2 = 2.00
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laConfig.3 = 2.00
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoadInt.1 = 11
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoadInt.2 = 2
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoadInt.3 = 1
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoadFloat.1 = Opaque: Float: 0.120000
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoadFloat.2 = Opaque: Float: 0.030000
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laLoadFloat.3 = Opaque: Float: 0.010000
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laErrorFlag.1 = 0
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laErrorFlag.2 = 0
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laErrorFlag.3 = 0
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laErrMessage.1 =
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laErrMessage.2 =
enterprises.ucdavis.laTable.laEntry.laErrMessage.3 =
#

ホスト名("h73-94-web")を指定し、"public"に続いて、ディスクの空き容量の状況を記録している、"dskTable"を指定します。

以下のように、記録されていることが確認できます。(ずらずら出てくればとりあえずOKです)

# snmpwalk rh73-94-web public dskTable
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskIndex.1 = 1
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskPath.1 = /
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskDevice.1 = /dev/sda1
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskMinimum.1 = 100000
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskMinPercent.1 = -1
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskTotal.1 = 9795908
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskAvail.1 = 8265044
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskUsed.1 = 1033256
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskPercent.1 = 11
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskPercentNode.1 = 6
enterprises.ucdavis.dskTable.dskEntry.dskErrorFlag.1 = 0
#

 mrtgの基本的な設定

設定ファイルの作成

mrtgの設定ファイルは、以下のコマンドで生成します。"rh73-94-web"はホスト名です。

# cd /home/tomo
# cfgmaker public@rh73-94-web > rh73-94-web.conf
--base: Get Device Info on public@rh73-94-web:
--base: Vendor Id:
--base: Populating confcache
--snpo: confcache public@rh73-94-web: Descr lo --> 1
--snpo: confcache public@rh73-94-web: Descr eth0 --> 2
--snpo: confcache public@rh73-94-web: Ip 127.0.0.1 --> 1
--snpo: confcache public@rh73-94-web: Ip 192.168.0.94 --> 2
--snpo: confcache public@rh73-94-web: Type 24 --> 1
--snpo: confcache public@rh73-94-web: Type 6 --> 2
--snpo: confcache public@rh73-94-web: Eth --> 1
--snpo: confcache public@rh73-94-web: Eth 00-50-56-40-16-ad --> 2
--base: Get Interface Info
--base: Walking ifIndex
--base: Walking ifType
--base: Walking ifSpeed
--base: Walking ifAdminStatus
--base: Walking ifOperStatus
#


mrtgを実行する

生成したファイル("rh73-94-web")を指定して実行します。

# mrtg rh73-94-web.conf
ERROR: "WorkDir" not specified in mrtg config file
#

出力先である"WorkDir"を指定していないので、このメッセージが出ました

"rh73-94-web.conf"を開いて、指定します。

      :
### Global Config Options

# for UNIX
WorkDir: /home/tomo/www/html/mrtg

      :

結果は、HTMLファイルですので、直接Webのディレクトリに出力すると、そのままブラウザで確認できるので便利です。

# mrtg rh73-94-web.conf
Rateup WARNING: /usr/bin/rateup could not read the primary log file for rh73-94-web_2
Rateup WARNING: /usr/bin/rateup The backup log file for rh73-94-web_2 was invalid as well
Rateup WARNING: /usr/bin/rateup Can't remove rh73-94-web_2.old updating log file
Rateup WARNING: /usr/bin/rateup Can't rename rh73-94-web_2.log to rh73-94-web_2.old updating log file
# mrtg rh73-94-web.conf
Rateup WARNING: /usr/bin/rateup Can't remove rh73-94-web_2.old updating log file
# mrtg rh73-94-web.conf
#

WARNINGが出ますが、上記のように、3度実行すると出なくなります。


ブラウザで確認する

以上で、HTMLファイルができましたので、ブラウザで確認してみます。

とりあえず動作確認できました。

まだ、データが収集されていませんので、何の状況もわかりません。2,3日して再度確認すると、何らかのグラフが出てくるとおもいます。


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加