カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

UCD-SNMPとMRTGの実験

Modified: 10 October 2004


UCD-SNMPのインストール
MRTGのインストール
ブラウザで確認


 UCD-SNMPのインストール

RedHatLinux7.3では、ucd-snmpもmrtgも、CDに入っていて、インストールされていますので、設定の変更だけで動作します。

UCD-SNMPのインストールの確認

# rpm -q ucd-snmp
ucd-snmp-4.2.5-8.73.1
#


"/etc/snmp/snmp.conf" を作成する

"/etc/snmp/snmp.conf"を、 以下の2行のファイルとして作成します。

rouser guest
rocommunity  public 127.0.0.1
disk  /home 15%


snmpを起動する

# service snmpd start
snmpd を起動中:                                            [  OK  ]
#

再起動時に自動起動するように設定します。

# chkconfig snmpd on


動作テストする

以下のコマンドを実行してみます。

# snmpwalk -v 2c -c public localhost

SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: Linux fc2-100 2.6.6-1.435.2.3 #1 Thu Jul 1 08:25:29 EDT 2004 i686
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: NET-SNMP-MIB::netSnmpAgentOIDs.10
SNMPv2-MIB::sysUpTime.0 = Timeticks: (16434) 0:02:44.34
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING: root@localhost
SNMPv2-MIB::sysName.0 = STRING: fc2-100
SNMPv2-MIB::sysLocation.0 = STRING: Unknown
SNMPv2-MIB::sysORLastChange.0 = Timeticks: (33) 0:00:00.33
SNMPv2-MIB::sysORID.1 = OID: IF-MIB::ifMIB

     :

HOST-RESOURCES-MIB::hrSWInstalledLastChange.0 = Timeticks: (0) 0:00:00.00
HOST-RESOURCES-MIB::hrSWInstalledLastUpdateTime.0 = Timeticks: (0) 0:00:00.00
Timeout: No Response from localhost
#

上記のように、ずらずらと情報が読み出せれば、とりあえずOKです。


 MRTGのインストール

MRTGの確認

# rpm -q mrtg
mrtg-2.9.17-3
#


"/etc/mrtg/localhost.cfg"を作成

以下の内容で、"/etc/mrtg/localhost.cfg"を作成します。

WorkDir: /var/www/mrtg
LoadMIBs: /usr/share/snmp/mibs/UCD-SNMP-MIB.txt

# CPU Load Average
Target[cpu]: laLoadInt.1&laLoadInt.2:public@localhost
MaxBytes[cpu]: 100
Unscaled[cpu]: dwmy
Options[cpu]: gauge,nopercent
Title[cpu]: CPU Load Average
PageTop[cpu]: <H1>CPU Load Average</H1>
YLegend[cpu]: loadavg (%)
ShortLegend[cpu]: %
LegendI[cpu]: 1min
LegendO[cpu]: 5min

# Memory Usage
Target[mem]: memAvailReal.0&memTotalReal.0:public@localhost
MaxBytes[mem]: 131072
Unscaled[mem]: dwmy
Options[mem]: gauge,nopercent,integer
Title[mem]: Memory Usage
PageTop[mem]: <H1>Memory Usage</H1>
YLegend[mem]: Available (KB)
ShortLegend[mem]: KB
LegendI[mem]: Available
LegendO[mem]: Total

# Network Usage
Target[eth0]: 2:public@localhost:
SetEnv[eth0]: MRTG_INT_IP="192.168.0.100" MRTG_INT_DESCR="eth0"
MaxBytes[eth0]: 1250000
Title[eth0]: Traffic for eth0
PageTop[eth0]: <H1>Traffic for eth0</H1>


mrtgを実行する

mrtgを実行してみます。

最初は、エラーが出ますが、だまって3回実行します。3回目にエラーが出なければOKです。

# mrtg /etc/mrtg/localhost.cfg
# mrtg /etc/mrtg/localhost.cfg
# mrtg /etc/mrtg/localhost.cfg
#

定期実行させる
刻々と状況の変化を見るために、cron で定期的(5分おきぐらい)に実行させます。

*/5 * * * * /usr/bin/mrtg /etc/mrtg/localhost.cfg

 ブラウザで確認

CPUの状況を見る

まだ、監視を開始したばかりなので、単なる罫線です。

メモリの状況を見る

これも、監視を開始したばかりなので、ほとんど単なる罫線です。

ネットワークの状況を見る

これも、監視を開始したばかりなので、ほとんど単なる罫線です。


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加