カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

Delegated 6.1.17 (PROXYサーバ) を動かしてみる

(RedHat Linux)

Modified: 22 July 2000

RedHat Linux で、プロキシーとして有名な delegated を起動してみました。

atten.gif (960 ツバツイツト) DeleGate 5.9.6 以前のバージョンには、"buffer overflow" という不具合があり、そこねらって、リモートから任意のコードを DeleGate 実行権限で実行させる事が可能になるという問題が指摘されている。

指摘者の記事は、以下のとおりである。
http://www.securityfocus.com/templates/archive.pike?list=1&date=1999-11-8&msg=Pine.LNX.4.05.9911131950140.12742-200000@nb.in-berlin.de

DeleGate 5.9.7 以降では、その問題が解決されているそうです。


ダウンロードから解凍まで
makeしてインストールしてみる
起動してみる

Windowsクライアントの設定

ブラウザ(Nextscape Navigator)の設定
ftp(NextFtp)ソフトの設定

関連のリンク


 ダウンロードから解凍まで

ダウンロード

以下から、ダウンロードできます。

http://www.delegate.org/delegate/

私は、delegate6.1.17.tar.gz をダウンロードしました。


 makeしてインストールしてみる

"./configure" はいらない

ソースをmakeするには、./configure を実行して、Makefile を作るのがフツーの手順ですが、delegated では、不要です。


PATH=".:$PATH" を付加して、makeする

$ make PATH=".:$PATH"

atten.gif (960 ツバツイツト) 単に、"make" とだけすると、以下のようなメッセージがでてきて、make PATH=".:$PATH" でmakeするよう、ガイドが出ます。

$ make
cc -DMKMKMK -DDEFCC=\"cc\" -I../include -L../lib mkmkmk.c -o mkmkmk.exe
-----------------------------------------------------------------
This Makefile assumes '.' is included in your PATH environment.
If the following rule failed in 'mkmkmk.exe: not found'
retry like this >>>>>>>> make PATH=".:$PATH"
-----------------------------------------------------------------
mkmkmk.exe -mkmkmk "cc" -I../include -L../lib maker/mkmake.c -o mkmake.exe


make途中で、emailアドレスを入れる

makeのスタート後、以下のメッセージが出ます。(これは正常です。

         
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! WARNING !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!   You should have defined MANAGER as:                 !

!     MANAGER = mail-address-of-the-DeleGate-manager    !
!   either in DELEGATE_CONF or in the Makefile.         !
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Enter your E-mail address [tomo@linuxserver.tomo.ac]: <Enter>

Enter your E-mail address [tomo@linuxserver.tomo.ac]: で、”Enter”を押すと、以下の確認メッセージが出ます。

MANAGER = tomo@linuxserver.tomo.ac
OK ? [y] / n / x(abort): y <Enter>

y <Enter> で、makeが継続されます。


インストール

suでrootになり、install コマンドを実行します。

$ su
Password: xxxxxxx
# install -s src/delegated /usr/local/sbin
#

 起動してみる

起動してテストしてみる

以下のコマンドで、起動してみると、以下のメッセージが出て起動します。

# /usr/local/sbin/delegated -P8080 SERVER=http
# <Delegate/6.1.17 by ysato@etl.go.jp> [11244] -P8080 READY
BGROOT=/var/spool/delegate-nobody
AIST Research Product No. 1994-ETL-8715-1
Copyright (c) 1994-1999 Yutaka Sato
Copyright (c) 1994-1999 Electrotechnical Laboratory (ETL), AIST, MITI
-delegated[11244]- WARNING! ADMIN="your_mail_address" should be specified.
-delegated[11244]- INFO: using ADMIN=tomo@linuxserver.tomo.ac given at compile time.


自動起動する設定をする

起動時に、delegated が自動起動するように設定します。

"/etc/rc.d/rc.local" の最後に、以下のコードを入れます。

/usr/local/sbin/delegated -P8080 SERVER=http
/usr/local/sbin/delegated -P8021 SERVER=ftp

httpと、ftpを設定してみました。


myopinion.gif (1016 ツバツイツト) このソフトは、きわめて簡単に起動できます。まず失敗することはないでしょう。


 ブラウザ(Netscape Navogator)の設定

Netscapeの場合

「編集」、「設定」を選択し、以下のように、「詳細」、「プロキシ」を選択し、「手動でプロキシを設定する」にチェックをいれ、「表示」ボタンを押します。

sq-set1.gif (13493 ツバツイツト)

「表示」ボタンを押すと、以下のように ”squid” が起動しているIPアドレスとポート番号を入れます。

sq-set2.gif (7775 ツバツイツト)


 ftp(NextFtp)ソフトの設定

NextFtpの場合

メニューの「オプション」の、「オプション」を選択して、「ファイヤーウオール(プロキシ)」を選択します。

nextftp.gif (9605 ツバツイツト)


 関連のリンク

DeleGate Home Page

http://www.delegate.org/delegate/


Delegate のインストール

http://surf.ap.seikei.ac.jp/~nakano/linux/delegate-j.html


proxyサーバの一種である delegated の設定

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/m-ito/linux/delegated.html


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加