カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

BIND(DNSサーバー)を動かしてみる

Modified: 26 January 2002


マスターゾーンの作成
逆引きマスターゾーンの作成
DNS Serverの起動とテスト


 マスターゾーンの作成

BIND DNS Server の作成画面を開く

「Servers」ボタンから、「BIND DNS Server」を開きます。

上記条件で、「Create a new master zone」を押し、マスターゾーンを作成します。


マスターゾーンの作成

「Create a new master zone」を押すと、ZONEの登録画面になります。

「Domain name」、「Master server」、「Owner's email address」を設定し、「Create Zone」ボタンを押します。


ホスト名とIPアドレスの登録

「Create Zone」ボタンを押すと、以下の画面になります。

"Address(0)"のアイコンをクリックすると、以下の登録画面がでます。

ホスト名とIPアドレスを入力し、「Create」ボタンを押します。登録は、必要なだけ繰り返します。


 逆引きマスターゾーンの作成

逆引き用のゾーンの作成

ゾーンリストの画面から、再度、「Create a new master zone」を押して、ZONEの登録画面を開きます。

このゾーンは逆引き用なので、「Reverse」を指定し、「Create」ボタンを押します。

「Reverse Address」を選択し、逆引き用のホスト名とIPアドレスの登録をします。


逆引き用のホスト名とIPアドレスの登録

「Reverse Address」を選択すると、以下の画面になります。

上記画面では、逆引き用ホスト名とIPアドレスを登録していきます。


 DNS Serverの起動とテスト

DNS Serverの起動

「Servers」ボタンから、「BIND DNS Server」を開くと、下のほうに、「Start DNS Server」のボタンがあるので、それを押して起動させます。


DNS Serverの動作テスト

Windows PCのTCP/IP設定で、DNSを設定し、nslookup で動作確認します。

C:\Documents and Settings\tomo>nslookup
Default Server: rh72server
Address: 192.168.0.4

> linuxserver
Server: rh72server
Address: 192.168.0.4

Name: linuxserver.tomo.ac
Address: 192.168.0.6

>

上記のようにアドレスが引ければ動作OKです。


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加