カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

Windows Messengerの話題と実験

Modified: 25 May 2002

Windows Messangerのホームページは、以下です。
http://messenger.microsoft.com/ja/


ダウンロードから基本設定まで16 March 2002

インスタントメッセージ(チャット)を使ってみる16 March 2002

技術情報16 March 2002

WindowsMessangerの小技集 (25 May 2002


 WindowsMessangerの小技集

ファイル転送機能を無効にする方法

HKEY_CURRENT_USER
  Software
    Policies
      Microsoft
        Messanger
          Client

"DisableFileTransfer" キーを "DWORD" で作成し、値を "1" にする。


アプリケーション共有を無効にする方法

HKEY_CURRENT_USER
  Software
    Policies
      Microsoft
        Messanger
          Client

"DisableCollaborationApps" キーを "DWORD" で作成し、値を "1" にする。


音声電話を無効にする方法

HKEY_CURRENT_USER
  Software
    Policies
      Microsoft
        Messanger
          Client

"DisablePC2PCAudio" キーを "DWORD" で作成し、値を "1" にする。


IP電話を無効にする方法

HKEY_CURRENT_USER
  Software
    Policies
      Microsoft
        Messanger
          Client

"DisablePC2Phone" キーを "DWORD" で作成し、値を "1" にする。


ビデオチャットを無効にする方法

HKEY_CURRENT_USER
  Software
    Policies
      Microsoft
        Messanger
          Client

"DisableVideo" キーを "DWORD" で作成し、値を "1" にする。


自動アップデートを無効にする方法

HKEY_CURRENT_USER
  Software
    Policies
      Microsoft
        Messanger
          Client

"PreventAutoUpdate" キーを "DWORD" で作成し、値を "1" にする。


 技術情報

ポート番号

以下のポートを使うようです。

Firewall接続 (Out) TCP: 1863
Voice Communications MSN Messenger Service (Out) TCP: 6901
computer-to-computer (Out) TCP: 6901
computer-to-phone (In) TCP: 7801〜7825
The Net2Phone service (In/Out) UDP: 6801, 6901, 2001〜2120
音声とビデオのリアルタイムストリーム (In/Out) UDP: 5004〜65535
アプリケーションとホワイトボードの共有 (In/Out) TCP: 1503
ファイル転送 (In/Out) TCP: 6891〜6900
電話 (In/Out) UDP: 7001


以下から、ファイヤウオールのポートに関する技術文書がダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/pro/techinfo/deployment/natfw/default.asp

以下に実験結果の報告があります。
http://pcweb.mycom.co.jp/column/winxp/winxp001.html


 インスタントメッセージ(チャット)を使ってみる

インスタントメッセージの送信

「ツール」メニューから、「インスタントメッセージの送信」をクリックします。

メンバーか、その他から電子メールアドレスを入力すると以下の画面がでてきます。
以下は、"tomoac"さんと"tomo"さんが2回づつやり取りしたときの様子です。

相手のウインドウが開いていない場合、画面の右下に、以下のダイアログがポップアップして、メッセージが届いたことが知らされます。


 ダウンロードから基本設定まで

「MSN Messanger」のダウンロード

MSN Messengerは、デフォルトでWindowsにインストールされています。最新版にしたい場合以下からダウンロードできます。

http://messenger.microsoft.com/ja/

2002年3月16日に、「Microsoft® Windows® XP 版 Windows Messenger バージョン 4.6」をダウンロードできました。


".NET Passport"の取得

「MSN Messanger」を起動すると、「ここをクリックするとサインインします」というメッセージが出ますので、そこをクリックします。

すると、以下のダイアログが出るので、電子メールアドレスとパスワードを入れて、「OK」ボタンを押します。


 MSN Messengerを起動して登録することもできますが、以下のページからですと、登録内容の変更もできます。

とりあえず、電子メールアドレスとパスワードだけで登録できます。

http://www.passport.com/

登録後、登録確認のメールが届きます。このメールに、登録確認のURLが書いてあるのでそれをクリックして登録確認をします。


「MSN Messanger」の起動

「サインイン」すると以下の画面となります。


メンバー名の変更

画面上部に、メールアドレスが表示されていますが、ここに表示され、相手にも表示される名前を自由に設定することができます。

「ツール」メニューから「オプション」を選択し、以下のダイアログを開きます。

テキストボックス内を変更するとその名前に変更できます。私は、"tomoac@csc.ne.jp" から"tomo"に変更しました。


アドインのインストール

「受信トレイ」などをクリックすると、「アドイン」モジュールのインストールを求めてきますので、ダウンロードページを開いてインストールします。インストールが終了すると、以下のような画面に変わります。


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pagetomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加