カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

CVSを活用してみる

Modified: 21 Sep 2000

まだ活用までの情報はありません。


CVSとは

ダウンロード
MAKEしてインストールする
CVSの初期化とモジュールの登録
作業域に取り出し、貯蔵庫に戻す


CVSとは

CVS (Concurrent Versions System) は、「モジュール」という単位でファイル群を保管する機能を持ちます。

最初、管理したいファイル群をリポジトリ(貯蔵庫)登録しておきます。

変更が必要になったら、ファイルを取り出し、作業域にコピーします。変更はこの作業域で行います。

変更結果は、作業域で行われていますので、リポジトリ(貯蔵庫)のなかは古いままですので、変更が終わったら、リポジトリ(貯蔵庫)に戻します。

つまり、CVSとは、あるファイル群をリポジトリ(貯蔵庫)に保管しておき、必要なときに取り出して変更し、結果をリポジトリ(貯蔵庫)に戻すという作業を管理してくれるツールです。

以下のメリットがあります。

変更履歴が保管されるので、任意の変更前の状態に戻すことができます。

グループで作業しているとき、複数の人が同時に変更できるので、自分の変更したファイルが他人に書き戻されるといったことが防止できます。


ダウンロード

以下が、CVSのホームページです。

http://www.cvshome.org/

私は、Linux用として、"cvs-1.11.tar.gz"。Windows用として、"WinCvs103.zip" をダウンロードしました。

Linux用の"cvs-1.11.tar.gz"をサーバにインストールし、Windows用の"WinCvs103.zip" をクライアントとして使います。


MAKEしてインストールする

$ ./configure
    :
$ make
    :
$ su
Password: *******
# make install
    :

CVSの初期化とモジュールの登録

リポジトリ(貯蔵庫)の作成

"/home/tomo/cvsroot"を、リポジトリ(貯蔵庫)のルートディレクトリとします。

$ cvs -d /home/tomo/cvsroot init

環境変数を登録します。

$ CVSROOT=/home/tomo/cvsroot
$ export CVSROOT


ファイルを登録する

リポジトリ(貯蔵庫)に登録するディレクトリに移動してから以下を実行します。

$ cvs import mydata tomo initial

"cvs import"を実行すると、以下のように、"vi"が起動します。このデータに関するコメントをカーソルの位置(先頭行)に入れます。

cvs1.gif (10004 ツバツイツト)

"vi" を終了すると以下のように、ファイルが、リポジトリ(貯蔵庫)に取り込まれます。

cvs2.gif (16555 ツバツイツト)


作業域に取り出し、貯蔵庫に戻す

作業域に取り出す

$ cvs checkout mydata

貯蔵庫に戻す

$ cvs commit


info.gif (1284 ツバツイツト) 作業域に取り出し、貯蔵庫に戻すという作業は、Windowsでやりたいので、Linuxで行う方法はコマンドの紹介にとどめます。


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pagetomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加