カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

BartPEの話題と実験

Modified: 30 December 2004

CDから起動できるWindowsがあることがわかりました。


ダウンロードからインストール (30 December 2004)
テスト実行してみる (30 December 2004)


 ダウンロードからインストール 

 ダウンロード

http://www.nu2.nu/pebuilder/

2004年12月30日時点で、"pebuilder312.zip"(Version 3.1.2)がダウンロードできました。


 インストール

解凍して、好きなところにコピーすればインストール完了です。

 

 このツールは、WindowsXPのSP1以上が必要です。
SP1以前のWindowsXPのCDしかない場合は、以下のツールでSP2を適用したCDを作りましょう。

Windows 2000/XP | Office 2000/XP/2003用SP統合ソフト、 「SP+メーカー」
http://hp.vector.co.jp/authors/VA020927/


 テスト実行してみる 

 BartPEを実行してみる

この時点で、プラグインをダウンロードして組み込むのですが、試しに、素のまま実行してみました。

起動すると、以下のようなスプラッシュが出てきます。

以下の画面になるので、
「Source」には、WindowsXP(SP1以上)を装着したCDドライブを指定し、
「Output」には、CDイメージを作成するフォルダを指定し、
「Create ISO image」にチェックを入れて、ISOファイルを書き込むフォルダとファイル名を指定します。

「Build」をクリックすると以下のメッセージが出ますので、「はい」をクリックして閉じます。

使用許諾が出ますので、「I agree」ボタンをクリックします。

スタートすると、以下のようにメッセージが流れて処理が進みます。

実行が終了すると、以下のような画面になります。

結果、"C:\BartPE\BartPE"に、CDのファイルイメージが作られ、ISOファイルは、"C:\BartPE"に作られます。

 私は、"C:\BartPE\BartPE"に、ISOが作られると勘違いして、何度も実行してしまいました。


 CDを焼いてみる

ディスクイメージを書き込む機能で、ISOファイルをCDに焼きます。


 焼いたCDを起動してみる

起動すると、以下のような画面になりました。

左下の「GO」をクリックすると以下のようにメニューが出てきます。

 エクスプローラとかIEとかは、プラグインを追加して焼きなおすことで使えるようになります。


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加